キャリオ(carrio)のメンテナンス方法

キャリオ(carrio)は自身でメンテナンスをしなければなりません

フレシャスウォーターサーバーのキャリオは、自分でタンク内洗浄をしなければなりません。

 

これは、キャリオが冷水+常温の水でしか利用できないサーバーである事が関係しています。

 

通常の冷水+温水のサーバーであれば、温水機能が熱殺菌消毒の役割も果たしています。

 

ですが、キャリオには、その温水機能が搭載されていないので、冷水の制菌機能のみになってしまうので、衛生上の問題が出やすくなるのです。

 

ですから、キャリオでは、月に1~2回のタンク内洗浄を推奨しています。

 

もちろん方法については、説明書に丁寧に掲載されています。

 

タンク内洗浄は、水パックの交換時でないとできません。

 

なぜなら、水パックを外して行うからです。

 

次にCOLDから水を出し切ります。

 

 

そして、水パックの代わりに洗浄用カップを取り付けます。

 

セットは簡単です。

 

但し、きちんと深く差し込んで下さい。

 

次は、お湯を沸かして下さい。

 

給湯器のある方は、そちらからとっても大丈夫です。

 

70~80度であればOKです。

 

 

 

 

そして、お湯を設置してあるカップに注ぎます。

 

すぐにタンク内に流れ込んでいきますが、気にせずカップにお湯が少し残るまで注いで下さい。

 

そして、給水口のCOLDとNORMALの両方から50CCくらいお湯を抜きます。

 

そして、すぐに電源を抜いて下さい。

 

すぐに電源を抜かないと冷水機能でお湯が冷めてしまい、殺菌されなくなります。

 

その後、10分程度待ちます。

 

 

そして、電源プラグを挿し込んでから、COLD&NORMAL両方からお湯を全部抜きます。

 

必ず、両方出なくなるまで出して下さい。

 

そして、タンク内洗浄用のカップを取り外してから、いつも通りの水パックを取り付けて、再び50CC程、COLD&NORMALから水を抜いて、READYランプが点灯したら終了です。

 

 

フレシャスウォーターサーバーの詳しい情報はこちら

>>フレシャスウォーターサーバー

あなたにおススメの
ウォーターサーバーを検索!リセット

当サイトおすすめウォーターサーバーはこちら!



このエントリーをはてなブックマークに追加     

関連ページ

キャリオ(carrio)に申込みました!
フレシャスウォーターサーバーキャリオ(carrio)に申込みました!
キャリオ(carrio)を設置しました!
フレシャスウォーターサーバーキャリオ(carrio)を設置しました!
キャリオ(carrio)はインテリアとしてもオススメ!
フレシャスウォーターサーバーキャリオ(carrio)はインテリアとして、いい感じです!
フレシャスのクレーム対応は迅速でした
フレシャスウォーターサーバーのクレーム対応は迅速でしたが、少々不満がありました。
キャリオ(carrio)のメリット・デメリットを検証!
フレシャスウォーターサーバーキャリオ(carrio)のメリット・デメリットを実際に利用してみて検証しました。
キャリオ(carrio)の電気代は思った程安くない?
フレシャスウォーターサーバーキャリオ(carrio)の電気代を計測してみました。
フレシャスウォーターサーバーの交換を申し込みました。
フレシャスウォーターサーバーキャリオ(carrio)の変更を申し込みました。