クラスターの小さい水は本当においしい?

クラスターの小さい水は本当においしい?

クラスターとは、水分子が小さい水を指しています。

 

体内に入ったクラスター水が細胞にすばやく浸透するということもあって体の内側から元気になれると大変注目を集めています。

 

天然水や水に関する研究等で使われる用語の一つとなっているのですが、最近では一般的にも耳にするようになりつつありますよね。

 

このクラスタ―が小さいほうがより一層おいしい水として定義されるようになってきているのですが、なぜクラスターが小さいとおいしい水と感じるのでしょうか。

 

おいしい水と感じるのは、それぞれの味覚によって変わってくるところはありますし、時期によっても異なる部分はあるものの、冷たくて喉越しの良い水はおいしく感じますよね。

 

ですが、クラスターは水の温度が高くなると大きくなってしまうという特徴があるため、クラスターの状態を小さいままでキープして飲むには常温が適していると言われています。

 

つまり、常温でもおいしいと感じる水がクラスター水というわけです。

 

夏場など暑い時期には冷たく冷えた水が飲みたくなりますよね。

 

もちろん、おいしいと感じればクラスターの大きい小さいに拘る必要はないかもしれません。

 

当然、クラスターのみのことで考えれば常温がベストなわけですが時には冷やして飲んでも体に害があるわけではありませんし、おいしいと感じればそれに越したことはないのです。

 

最近はウォーターサーバーやミネラルウォーターの世界でもクラスターに注目をして製造する業者も登場してきています。

 

気になる方はぜひチェックしてみましょう。

あなたにおススメの
ウォーターサーバーを検索!リセット

当サイトおすすめウォーターサーバーはこちら!



このエントリーをはてなブックマークに追加     

関連ページ

おいしい水の条件とは?
おいしい水の条件について
硬水・軟水に注意!
硬水と軟水について理解しておきましょう。用途によっては、使い分けたほうが良い場合も。
料理をおいしくしてくれる水は?
料理をおいしくしてくれる水はどんな水なんでしょうか?
ミネラルウォーターは現代人には必須!
ミネラルウォーターは現代人に必須なんです。定期的に飲むよう心がけましょう!
それは本当にミネラルウォーター?
あなたの飲んでいるのは本当にミネラルウォーターですか?
ミネラルウォーターは本当に安全?
あなたの飲んでいるミネラルウォーターは本当に安全ですか?
ミネラルウォーターが健康に良いのは本当?
ミネラルウォーターは本当に健康に良いのでしょうか?
ミネラルウォーターは本当においしい?
ミネラルウォーターは本当においしいのでしょうか?
海洋深層水とは?
健康に良いと言われている海洋深層水をご存知ですか?
非加熱処理とは?
非加熱処理とは、どういった処理方法なのでしょうか?非加熱処理された水はなぜおいしいと言われているのでしょうか?
非加熱処理水と加熱処理水の違いは?おいしい水はどっち?
非加熱処理水と加熱処理水の違いはおいしいさになぜ影響するのでしょうか?
非加熱処理水は、なぜ加熱処理水よりおいしい?
非加熱処理水はなぜ加熱処理水よりもおいしいのか調べてみました。
溶存酸素とは?
溶存酸素とは?溶存酸素が多いとなぜおいしい水なのでしょうか?
溶存酸素が多いとなぜおいしい?
溶存酸素が多いことをアピールしている天然水はたくさんありますね。なぜ溶存酸素が多いとおいしいと感じるのでしょうか?
おいしい水の成分とは?
おいしい水の成分を知ってますか?天然水が美味しいのは、おいしくなる成分が水に溶け込んでいるからなんです。
厚生労働省(旧厚生省)が発表したおいしい水の数値基準
厚生労働省がおいしい水の基準を発表している事をご存知ですか?一度ご覧になって参考にしてみてはどうでしょうか?
名水百選の水は必ずしも、おいしいわけではない
名水百選に選ばれていれば必ずしもおいしいわけではないという事をご存知でしょうか?それは、おいしさのみを基準にしているわけではないからです
ヨーロッパのミネラルウォーターは無殺菌
ヨーロッパのミネラルウォーターは無殺菌なのをご存知でしょうか?無殺菌でも安全で美味しい理由は?