硬水・軟水に注意!

硬水・軟水に注意!

水は、すべて同じのように思えますが、大きく分けると、軟水と硬水といった2種類あります。

 

これは、どういった違いがあるものなのでしょうか。

 

 

水には、マグネシウムやカルシウムが含まれていますが、どの程度の量が含まれているかにより、軟水か硬水かが決まるのです。

 

マグネシウムとカルシウムの量のことを硬度と言い、アメリカの硬度はppm、ドイツの硬度はdHといった単位で記されます。

 

 

硬度が高い場合は硬水となり、硬度が低い場合は軟水となるんです。

 

日本で使用している水の8割は軟水ですから、私たちは意識をせずに軟水を摂取しています。

 

市販されているミネラルウォーターは、軟水のものと硬水のものがありますが、日本への馴染みが高いことから、軟水の方が多く販売されているのです。

 

はじめて硬水を飲むと、少し違和感に感じる方も多いのではないでしょうか。

 

 

軟水は、口当たりがまろやかですから飲みやすく、老廃物の排出にもつながると言われています。

 

体にも負担が掛かりませんので、赤ちゃんからお年寄りまで、幅広い年代の方に向いていると言えるでしょう。

 

 

反対に硬水は、スポーツをした後の栄養補給として摂取する方が多いようです。

 

硬水は、便秘の解消やダイエット効果を高めると言われていますので、そういった効果を望んでいる女性にオススメ

 

飲み方によっては、健康につながるでしょう。

 

ただし便秘改善に効果がある反面、胃腸に負担を掛けやすいといういデメリットがありますので、胃腸が弱い方は避けた方がよいです。

 

 

それぞれ、こういった特徴がありますので、ウォーターサーバーを選ぶ時にも、自分の目的に合った水の種類を選ぶようにしましょう。

あなたにおススメの
ウォーターサーバーを検索!リセット

当サイトおすすめウォーターサーバーはこちら!



このエントリーをはてなブックマークに追加     

関連ページ

おいしい水の条件とは?
おいしい水の条件について
料理をおいしくしてくれる水は?
料理をおいしくしてくれる水はどんな水なんでしょうか?
ミネラルウォーターは現代人には必須!
ミネラルウォーターは現代人に必須なんです。定期的に飲むよう心がけましょう!
それは本当にミネラルウォーター?
あなたの飲んでいるのは本当にミネラルウォーターですか?
ミネラルウォーターは本当に安全?
あなたの飲んでいるミネラルウォーターは本当に安全ですか?
ミネラルウォーターが健康に良いのは本当?
ミネラルウォーターは本当に健康に良いのでしょうか?
ミネラルウォーターは本当においしい?
ミネラルウォーターは本当においしいのでしょうか?
海洋深層水とは?
健康に良いと言われている海洋深層水をご存知ですか?
非加熱処理とは?
非加熱処理とは、どういった処理方法なのでしょうか?非加熱処理された水はなぜおいしいと言われているのでしょうか?
非加熱処理水と加熱処理水の違いは?おいしい水はどっち?
非加熱処理水と加熱処理水の違いはおいしいさになぜ影響するのでしょうか?
非加熱処理水は、なぜ加熱処理水よりおいしい?
非加熱処理水はなぜ加熱処理水よりもおいしいのか調べてみました。
溶存酸素とは?
溶存酸素とは?溶存酸素が多いとなぜおいしい水なのでしょうか?
溶存酸素が多いとなぜおいしい?
溶存酸素が多いことをアピールしている天然水はたくさんありますね。なぜ溶存酸素が多いとおいしいと感じるのでしょうか?
おいしい水の成分とは?
おいしい水の成分を知ってますか?天然水が美味しいのは、おいしくなる成分が水に溶け込んでいるからなんです。
クラスターの小さい水は本当においしい?
クラスターの小さい水とはどのような水なのでしょうか?クラスターが小さい水は本当においしいのでしょうか?
厚生労働省(旧厚生省)が発表したおいしい水の数値基準
厚生労働省がおいしい水の基準を発表している事をご存知ですか?一度ご覧になって参考にしてみてはどうでしょうか?
名水百選の水は必ずしも、おいしいわけではない
名水百選に選ばれていれば必ずしもおいしいわけではないという事をご存知でしょうか?それは、おいしさのみを基準にしているわけではないからです
ヨーロッパのミネラルウォーターは無殺菌
ヨーロッパのミネラルウォーターは無殺菌なのをご存知でしょうか?無殺菌でも安全で美味しい理由は?