非加熱処理とは?

非加熱処理とは?

ウォーターサーバーなどを選ぶ際に「非加熱処理」で選ばれている方はどのくらいいらっしゃるでしょうか。

 

日本においては、原水と呼ばれる水を121度で6秒間加熱殺菌する、または同じような効力がある方法で除菌ろ過することが一般的です。

 

加熱処理と同じようなということですから、他の方法で加熱殺菌をする、フィルターなどを使って除菌をする、ろ過を繰り返して除菌など様々な方法があります。

 

一般的に言われている「おいしいお水」というのは、上記のような加熱処理をせずに殺菌されている「非加熱処理」のものだと言われているように、過熱をしてしまうことで水中に含まれている成分などが低下してしまうため、非加熱処理されたお水が良いと言われているのです。

 

ですから、ウォーターサーバーを選ばれる際には、非加熱処理に注目をされるといいと思いますが、実は非加熱処理はとても生産に対する管理が難しく、コストが高くなってしまう傾向があります。

 

また、加熱殺菌されたお水に比べて賞味期限が短いという特徴を持っているのが非加熱処理のお水です。

 

天然水の質が良くなればなるほど非加熱処理が適していると言われていますが、非加熱処理のウォーターサーバーを選ぶ際には、お水が無駄にならないよう適量を注文されるようにすると良いでしょう。

 

賞味期限内に飲みきれずに捨ててしまうなんてことは大変もったいないですので、上手に活用していけるだけ注文するように工夫をしていきましょう。

あなたにおススメの
ウォーターサーバーを検索!リセット

当サイトおすすめウォーターサーバーはこちら!



このエントリーをはてなブックマークに追加     

関連ページ

おいしい水の条件とは?
おいしい水の条件について
硬水・軟水に注意!
硬水と軟水について理解しておきましょう。用途によっては、使い分けたほうが良い場合も。
料理をおいしくしてくれる水は?
料理をおいしくしてくれる水はどんな水なんでしょうか?
ミネラルウォーターは現代人には必須!
ミネラルウォーターは現代人に必須なんです。定期的に飲むよう心がけましょう!
それは本当にミネラルウォーター?
あなたの飲んでいるのは本当にミネラルウォーターですか?
ミネラルウォーターは本当に安全?
あなたの飲んでいるミネラルウォーターは本当に安全ですか?
ミネラルウォーターが健康に良いのは本当?
ミネラルウォーターは本当に健康に良いのでしょうか?
ミネラルウォーターは本当においしい?
ミネラルウォーターは本当においしいのでしょうか?
海洋深層水とは?
健康に良いと言われている海洋深層水をご存知ですか?
非加熱処理水と加熱処理水の違いは?おいしい水はどっち?
非加熱処理水と加熱処理水の違いはおいしいさになぜ影響するのでしょうか?
非加熱処理水は、なぜ加熱処理水よりおいしい?
非加熱処理水はなぜ加熱処理水よりもおいしいのか調べてみました。
溶存酸素とは?
溶存酸素とは?溶存酸素が多いとなぜおいしい水なのでしょうか?
溶存酸素が多いとなぜおいしい?
溶存酸素が多いことをアピールしている天然水はたくさんありますね。なぜ溶存酸素が多いとおいしいと感じるのでしょうか?
おいしい水の成分とは?
おいしい水の成分を知ってますか?天然水が美味しいのは、おいしくなる成分が水に溶け込んでいるからなんです。
クラスターの小さい水は本当においしい?
クラスターの小さい水とはどのような水なのでしょうか?クラスターが小さい水は本当においしいのでしょうか?
厚生労働省(旧厚生省)が発表したおいしい水の数値基準
厚生労働省がおいしい水の基準を発表している事をご存知ですか?一度ご覧になって参考にしてみてはどうでしょうか?
名水百選の水は必ずしも、おいしいわけではない
名水百選に選ばれていれば必ずしもおいしいわけではないという事をご存知でしょうか?それは、おいしさのみを基準にしているわけではないからです
ヨーロッパのミネラルウォーターは無殺菌
ヨーロッパのミネラルウォーターは無殺菌なのをご存知でしょうか?無殺菌でも安全で美味しい理由は?