溶存酸素とは?

溶存酸素とは?

ウォーターサーバーや天然水などで良く見かける溶存酸素。

 

溶存酸素と聞いてすぐにお分かりになる方はどのくらいいらっしゃるでしょうか。

 

あまり聞き慣れない言葉だという方のほうが多いのではないかと思いますが、溶存酸素とは読んで字のごとく水の中に溶け込んでいる酸素のことを指しています。

 

お水ならなんでも溶存酸素があるかといえばそうではなく、水温や気圧、汚れの有無などによっても変わってくることが多い傾向にあります。

 

溶存酸素というのは、原水のままであれば十分な量が含まれていると言えますが残念ながら加熱殺菌などの方法が導入されてしまうとたちまち低下し、ほとんど溶存酸素がない状態の水となってしまうことも少なくありません。

 

水の温度が高くなればなるほど溶存酸素が低下してきますので、121度という高温で6秒間だけであっても加熱殺菌されてしまう水は、おいしさが欠けてしまう部分もあるのです。

 

また、水中の溶存酸素が低下してしまうと水の中に住んでいる生物は窒息死に至ってしまうということもあって、溶存酸素が多ければ多いほどきれいな水ということになります。

 

汚い水、飲用できない水というのは溶存酸素が低下しているという証拠でもあり、溶存酸素は水質汚濁の状況を測る方法の一つとしても大変知られています。

 

最近は、ウォーターサーバーなどでも溶存酸素に注目をした殺菌方法を導入している業者も登場してきています。

 

気になる方はぜひ一度注文されてみてはいかがでしょうか。

あなたにおススメの
ウォーターサーバーを検索!リセット

当サイトおすすめウォーターサーバーはこちら!



このエントリーをはてなブックマークに追加     

関連ページ

おいしい水の条件とは?
おいしい水の条件について
硬水・軟水に注意!
硬水と軟水について理解しておきましょう。用途によっては、使い分けたほうが良い場合も。
料理をおいしくしてくれる水は?
料理をおいしくしてくれる水はどんな水なんでしょうか?
ミネラルウォーターは現代人には必須!
ミネラルウォーターは現代人に必須なんです。定期的に飲むよう心がけましょう!
それは本当にミネラルウォーター?
あなたの飲んでいるのは本当にミネラルウォーターですか?
ミネラルウォーターは本当に安全?
あなたの飲んでいるミネラルウォーターは本当に安全ですか?
ミネラルウォーターが健康に良いのは本当?
ミネラルウォーターは本当に健康に良いのでしょうか?
ミネラルウォーターは本当においしい?
ミネラルウォーターは本当においしいのでしょうか?
海洋深層水とは?
健康に良いと言われている海洋深層水をご存知ですか?
非加熱処理とは?
非加熱処理とは、どういった処理方法なのでしょうか?非加熱処理された水はなぜおいしいと言われているのでしょうか?
非加熱処理水と加熱処理水の違いは?おいしい水はどっち?
非加熱処理水と加熱処理水の違いはおいしいさになぜ影響するのでしょうか?
非加熱処理水は、なぜ加熱処理水よりおいしい?
非加熱処理水はなぜ加熱処理水よりもおいしいのか調べてみました。
溶存酸素が多いとなぜおいしい?
溶存酸素が多いことをアピールしている天然水はたくさんありますね。なぜ溶存酸素が多いとおいしいと感じるのでしょうか?
おいしい水の成分とは?
おいしい水の成分を知ってますか?天然水が美味しいのは、おいしくなる成分が水に溶け込んでいるからなんです。
クラスターの小さい水は本当においしい?
クラスターの小さい水とはどのような水なのでしょうか?クラスターが小さい水は本当においしいのでしょうか?
厚生労働省(旧厚生省)が発表したおいしい水の数値基準
厚生労働省がおいしい水の基準を発表している事をご存知ですか?一度ご覧になって参考にしてみてはどうでしょうか?
名水百選の水は必ずしも、おいしいわけではない
名水百選に選ばれていれば必ずしもおいしいわけではないという事をご存知でしょうか?それは、おいしさのみを基準にしているわけではないからです
ヨーロッパのミネラルウォーターは無殺菌
ヨーロッパのミネラルウォーターは無殺菌なのをご存知でしょうか?無殺菌でも安全で美味しい理由は?