料理をおいしくしてくれる水は?

料理をおいしくしてくれる水は?

水を使う日本料理はたくさんありますよね。

 

毎日の食事をおいしくしてくれる水はどんな水なんでしょうか。

 

そもそも日本国内の水は、基本的に軟水がほとんどですから、日本料理には、軟水があっているとされています。

 

軟水自体には、クセがないので、米を炊いたり、味噌汁を作ったりするのにとても向いているのです。

 

これが硬水だと、それ自体に苦みなどを感じる場合があるので、米を炊くために使ったり、お吸い物などには使えません。

 

軟水は、まろやかでクセがないので、最低限の味付けで素材の味を生かす料理の多い日本料理に向いているのです。

 

硬度50mg程度の軟水が一番おいしいと言われているので、それくらいの水を使うのが一番よいのではないでしょうか?

 

また赤ちゃんのいる家庭や、腎臓に問題を抱えている方は、できるだけ硬度の低い水にしておいた方がいいでしょう。

 

硬度が高い水は、腎機能の負担をかけますので、内臓が未発達な赤ちゃんなどには、飲ませないでください。

 

ですが硬水は、料理に一切使えないというわけではありません。

 

硬水は、牛すじを柔らかくしたり、洋風のだしを取る際に向いていると言われています。

 

ただウォーターサーバーを選ぶ基準にする際は、軟水か硬水か選ぶしかないので、広く使える軟水を取り扱っているウォーターサーバーにしておいた方がよいでしょう。

 

毎日食べる料理には、おいしい水を使っておいしい料理にしたいですよね。

あなたにおススメの
ウォーターサーバーを検索!リセット

当サイトおすすめウォーターサーバーはこちら!



このエントリーをはてなブックマークに追加     

関連ページ

おいしい水の条件とは?
おいしい水の条件について
硬水・軟水に注意!
硬水と軟水について理解しておきましょう。用途によっては、使い分けたほうが良い場合も。
ミネラルウォーターは現代人には必須!
ミネラルウォーターは現代人に必須なんです。定期的に飲むよう心がけましょう!
それは本当にミネラルウォーター?
あなたの飲んでいるのは本当にミネラルウォーターですか?
ミネラルウォーターは本当に安全?
あなたの飲んでいるミネラルウォーターは本当に安全ですか?
ミネラルウォーターが健康に良いのは本当?
ミネラルウォーターは本当に健康に良いのでしょうか?
ミネラルウォーターは本当においしい?
ミネラルウォーターは本当においしいのでしょうか?
海洋深層水とは?
健康に良いと言われている海洋深層水をご存知ですか?
非加熱処理とは?
非加熱処理とは、どういった処理方法なのでしょうか?非加熱処理された水はなぜおいしいと言われているのでしょうか?
非加熱処理水と加熱処理水の違いは?おいしい水はどっち?
非加熱処理水と加熱処理水の違いはおいしいさになぜ影響するのでしょうか?
非加熱処理水は、なぜ加熱処理水よりおいしい?
非加熱処理水はなぜ加熱処理水よりもおいしいのか調べてみました。
溶存酸素とは?
溶存酸素とは?溶存酸素が多いとなぜおいしい水なのでしょうか?
溶存酸素が多いとなぜおいしい?
溶存酸素が多いことをアピールしている天然水はたくさんありますね。なぜ溶存酸素が多いとおいしいと感じるのでしょうか?
おいしい水の成分とは?
おいしい水の成分を知ってますか?天然水が美味しいのは、おいしくなる成分が水に溶け込んでいるからなんです。
クラスターの小さい水は本当においしい?
クラスターの小さい水とはどのような水なのでしょうか?クラスターが小さい水は本当においしいのでしょうか?
厚生労働省(旧厚生省)が発表したおいしい水の数値基準
厚生労働省がおいしい水の基準を発表している事をご存知ですか?一度ご覧になって参考にしてみてはどうでしょうか?
名水百選の水は必ずしも、おいしいわけではない
名水百選に選ばれていれば必ずしもおいしいわけではないという事をご存知でしょうか?それは、おいしさのみを基準にしているわけではないからです
ヨーロッパのミネラルウォーターは無殺菌
ヨーロッパのミネラルウォーターは無殺菌なのをご存知でしょうか?無殺菌でも安全で美味しい理由は?